コロナ奮闘記(発症日前日〜療養解除までの記録)

看護師の転職体験談
スポンサーリンク
さくら
さくら

こんにちは!やっとコロナ療養期間が終わった看護師のさくらです…(涙)

実はコロナに感染してしまい、8月22日〜9月1日まで自宅療養しておりました。

\本記事の内容/
  • コロナの経過について
  • 療養中にあると便利なものを紹介
  • コロナに感染して感じたこと

コロナは「ただの風邪」という声をよく聞いていましたが、正直めちゃくちゃキツかったです。(ちなみにワクチンは3回摂取済)

さくら
さくら

特に頭が痛すぎて最初の3日間はベッドから出られませんでした。

今回は私自身がコロナに感染してどういう経過をたどったのか、またコロナに感染して感じたことをブログにまとめました。

私の「コロナ奮闘記」が少しでもお役に立つと嬉しいです◎

コロナの経過について

私は今回コロナに感染するのは初めてです。

コロナに感染した経験のある方のお話を聞く機会もありますが、症状は人それぞれ。

私の場合最初の3日間はめちゃくちゃキツくて、生きた心地がしませんでした(涙)

さくら
さくら

熱が下がったと思っても、咳がひどくなるし、咳が治まったと思ったら今度は味覚障害が出てきて次から次へと最悪でしたね…。

しかし6日目くらいから熱も下がり、少しずつ改善していきました◎

ポポ
ポポ

次に発症日前日〜療養解除日までの経過について話していくね!

8月21日(発症日前日)

発症日前日はなんとなく身体が怠いのと、とにかく眠たかったです。

あとは頭痛がありました。

しかし元々偏頭痛持ちだし、発熱もないし、まさかコロナとはこのときは思っていなかったです。

さくら
さくら

私はたまたま外出していなかったですが、この時点では気づかず行動してしまう人が多いと思います。

8月22日(発症日)

発症日前日より激しい頭痛があり、顔や身体の火照りもあったため、再度体温測定してみたらまさかの38.5℃!!!

これはさすがにコロナかも?と思って管轄の保健所に連絡するも繋がらず…。

とりあえず偏頭痛のときに内服するロキソニンがあったのでそれを使って、水分を多めに摂りながら様子見しました。

さくら
さくら

身体は予想以上にしんどいし、1人だし不安でいっぱいでした。

8月23日(発症1日目)

発熱と頭痛は変わらず継続。

プラスで咽頭痛、悪寒、咳、鼻汁が症状として現れてもう最悪でした。

やっと保健所にも繋がったのですが、かかりつけ医がない方は診察ができないと言われて待機に…。

ロキソニンもそんなにたくさんはないし、絶望でした(涙)

しかしその日の夕方1件だけ診察してくれる病院が見つかったと連絡があり、次の日の16時半指定で診察へ行くことになりました。

さくら
さくら

個人的にはこの日が1番しんどかったですね。

8月24日(発症2日目)

発症日2日目は少しだけ熱が下がりました。

しかしその他症状は変わらずで、めちゃくちゃスローペースで歩きながら指定のクリニックまで検査にいきました。

検査結果はすぐに出て「陽性」。

ロキソニンとデキストロメトルファン(咳止め)が4日分処方されました。

さくら
さくら

正直4日分って少なくない?と思いましたが、大半の方は4日程度で症状軽快するからとのことでした。

発症3日目〜発症5日目

発症日3日目〜5日目までは症状はずっと横ばいでした。

発熱は38.0℃以上でロキソニンを内服→解熱の繰り返し。

その他にも悪寒、頭痛、動作時の息苦しさ、軽い咳などの症状がありました。

さくら
さくら

元々食い意地がはっているからか、食欲だけはありました(笑)

8月28日(発症6日目)

症状は人それぞれだと思いますが、私は熱が37.0℃台と落ち着いてきてから咳と味覚障害が強くなってきました。

今までは熱は高かったけど、味覚障害はなかったし、食欲もありました。

食べることが自宅療養中唯一の楽しみだったのに、何を食べても味がしないので生活に喜びがなくて辛かったですね(涙)

8月29日(発症7日目)

発症日7日目にしてやっと解熱しました。

解熱とともに強い倦怠感と頭痛は改善。

あとは味覚障害と咳、体力の衰えをすごく感じたので、少しずつ体力を戻していこうと家の中でできる軽い運動やストレッチを始めました◎

さくら
さくら

療養期間が延長してしまうのではないかと心配でしたがギリギリセーフでした☆

発症8日目〜発症10日目

発熱がぶり返すこともなく、残っていた咳、味覚障害も日にちの経過とともに改善していきました。

ここまでくると後はずっと家にこもりっぱなしだったので、急に社会復帰して体力が持つかが1番心配でした。

後遺症なのか、体力の衰えなのかわかりませんが、簡単な家事をするだけでしんどくて休み休みしていました。

さくら
さくら

ちゃんと元の生活に戻れるのか心配です。

(祝)療養解除

予定通り10日間の療養期間を経て、無事解除することができました☆

療養期間は終了したので、もう外には出られるし、バイトも行けますが現在もまだ完璧に症状がなくなったわけではありません。

  • 軽い味覚障害
  • 鼻詰まり
  • 鼻汁
  • 倦怠感
  • 頭がボーッとする

この5つの症状が現在も残っています。

コロナ全盛期のときに比べるとマシですが、コロナ前のように戻るにはまだまだ時間がかかりそうです(涙)

さくら
さくら

もし100万円もらえるとしても、絶対コロナにはなりたくないですね!!

あると便利なもの

コロナ療養中だった私の必需品を3つ紹介します。

  • ロキソニン
  • 梅のどの飴
  • ポカリスエット

◎ロキソニン

ロキソニンの存在は本当にありがたかったです。(必要不可欠)

39℃近くの熱があると身体がしんどくて、しんどくて…。

ロキソニンを内服すれば1時間程度で平熱まで下がり、身体がものすごく楽に◎

さくら
さくら

処方では4日分しかもらえなかったので、解熱剤は常備しておくと良いかもです☆

◎梅のど飴

喉が痛くて、唾液も飲み込めないほど腫れた日もありましたが、この梅のど飴はすごく喉が楽になりました。

そしてとっても美味しいです◎

のど飴独特のスーッとする感じが個人的には苦手なのですが、この梅のど飴はそれが少なく、コロナ療養中の私のお供でした♡

◎ポカリスウェット

体調不良のときの水分補給はとっても大切ですよね。

私の場合は喉も痛いし、味覚障害もあったので水分をあまりとりたくありませんでした。(水が苦かったです…)

しかしポカリスウェットだけは美味しく飲むことができました。

さくら
さくら

コロナはいきなりやってくるので、自分の好きなものとか、解熱剤など準備していて損はないです☆

あと食料に関しては食配は注文から4日かかると言われたので、ネットスーパーや定期で注文している献立サービスを利用してやりくりしました◎

コロナに感染して感じたこと

私はコロナ療養生活の中で感じたことが2つあります。

  1. 周りの人に支えられて生きている
  2. 常勤は強い

1:周りの人に支えられて生きている

1つ目は周りの人に支えられて生きていると実感しました。

10日間の自宅療養生活は、体調も悪い上に、だれとも関わらないので気持ち的に落ち込むことも…。

しかしそんな中で薬剤師さんが家に薬を届けてくれたり、保健所の方々もすごく親切で、周りの方々もとても優しくてすごく救われました。

さくら
さくら

本当にいろいろな方に支えられて生活しているんだなと思いました。

コロナに感染したときは絶望でしたが、すべてが嫌なことばっかりではなかったです。

2:常勤は強い

2つ目はやっぱり常勤は強いなと実感しました。

バイト生活は自由度が高く、楽しいしとても満足していました。

しかしその反面、働かないとお給料は貰えないのでお金は減る一方…。

常勤であればコロナで休んでも特別休暇がもらえたり、ある程度保証があるところが多いのでやっぱり常勤は強いなと思いました。

さくら
さくら

バイト生活が楽しくて転職活動が進んでいなかったのですが、コロナをきっかけに本格的に始動しました。

私は次の3つの転職サイトに登録していて、すべてLINEでやりとりできるので、コロナ療養中の体調が良いときに連絡をとりあっていました◎

ポポ
ポポ

LINEだと手軽にマイペースにやりとりできるからいいね♪

よかったら次の3つのサイト使ってみてね☆

\看護師転職サイトおすすめ3選/

看護roo!

看護師の求人・転職情報サイト、看護roo!(カンゴルー)

圧倒的サポート力で安定感抜群☆

ナース人材バンク

<

私はここで積極的に転職活動中♪

看護のお仕事

求人数がダントツで多い!!!

/3つとも簡単・無料登録できます\

私は転職2回目でわからないことだらけなのですが、転職サイトの方が面接対策や希望に沿った求人を送ってくれるのでかなり助かっています◎

次の記事におすすめ看護師転職サイトBEST3について詳しくまとめています。

どこの転職サイトを使えば良いのか迷っている方は、ぜひ読んでみてください◎

\実際使っている看護師転職サイト/

まとめ:コロナに負けるな!健康第一!

今回は「私のコロナ奮闘記(発症日前日〜療養解除までの記録)」についてまとめました。

コロナになった率直な感想は「もう2度となりたくない」です。

思ったよりもしんどかったし、10日間誰とも会わずに家でじっとしているのはメンタル的にも良くないなと感じました。

しかしコロナになったからこそ学んだこともありました。

まだまだコロナの感染拡大はとまらないですが、できる対策と準備をして、コロナに立ち向かいたいですね◎

さくら
さくら

はやくコロナが終息しますように。

ポポ
ポポ

最後まで見てくれてありがとう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました